セキュリティソフトは、どうしても買って入れなきゃダメですか?

パソコンを買うと必ず薦められる「ウィルス対策ソフト」や「セキュリティソフト」・・・結構な値段のものが多くて、買うのにはハードルが高いのですが、これ、どうしても入れなきゃいけないのでしょうか?

■セキュリティソフトを入れるのは義務ではありません。だがしかし!

パソコンにウィルス対策ソフトやセキュリティソフトをインストールして稼動させるのは、義務ではありません。あくまで「自由に選んで自由に使う」数多くのソフトウェアの中の一つなので、入れたくなければ入れなくても(本人の自由ですから)かまいません。

けれども、「入れなければいけないかどうか?」と考える前に、とにかく入れておきましょう・・・というか絶対に入れておいてください!

自動車を購入して乗るというのに、「自動車保険(任意保険)」に入らずにガンガン乗り回す・・・そんなこと考えられませんよね?・・・万一事故やトラブルに巻き込まれた時のことを考えて、必ず加入されると思います。それと同じで、「ウィルスソフト、入れるべきか入れなくても良いか?」・・・という次元の問題ではないのです。「入れるのが当たり前で、考え悩むような話ではない」と考えています。

■セキュリティ・ウィルス対策は全て「セキュリティソフトが入っている」事が前提

パソコンのウィルス対策・セキュリティ対策・個人情報保護などの対策は、全て「セキュリティソフトあるいはウィルスソフトが入っている事」が大前提となります。逆を言えば、「ウィルス対策ソフトが入っていない」と言う状態では、セキュリティ対策もウィルス対策もありえないということです。特に当相談所の様々なページで解説しているセキュリティ対策やウィルス対策、あるいはネット上のトラブルに関するご相談は全て、「ウィルスソフトやセキュリティソフトをインストールしてある」ことを前提にして説明しています。

■どんなソフトを買えばいい?

ウィルス対策・セキュリティソフトといってもいくつかの種類があります。

「パソコンやインターネットの様々なトラブルを防止するソフト」という意味では、以下のような種類に分けられます。

ウィルス対策ソフト
いわゆる「コンピュータウィルス」からパソコンを守るためのソフトです。ウィルス感染をしないように「未然に防ぐ」事と、「万一の感染の時に、適切に駆除(問題解決)してくれる」事を目的に入れます。

スパイウェア対策ソフト
ウィルスとは少し性格の異なる「スパイウェア」の侵入を防ぐソフト。知らない間に個人情報や大切なデータが漏洩するのを防ぎます。

セキュリティ対策ソフト(ファイアウォールソフト)
パソコンでインターネットや様々なネットワークへアクセスする際に、不正な接続や不正なデータ通信を防ぐためのソフト。スパイウェア対策と似ているところがありますが、「データ通信そのもの」を常にチェックしている点が特徴です。

(ちなみに、「ファイアウォール」は「ソフトウェア」としてだけではなく、データ通信を監視・制御する「装置(物理的な機械)」のことを指す事もあります。)出来れば上記の機能を全て持っているソフトを購入して使うのが理想的です。ただ、これらの機能を全部満たすとなると、やはり少し値段が高くなります(数千円~1万円以上します)。パソコンをどの程度使っているか?にもよりますが、予算などの制約でどうしても手が出ない、というのであれば最低でも「ウィルス対策ソフト」と「スパイウェアソフト」をインストールしておくことをおすすめします。(ちなみに、「スパイウェア対策ソフト」はインターネット上かフリーソフト(無料で利用できるソフト)をダウンロードしてくることも出来ます。


このトラブルに関連したQ&A

  • 現在質問はありません。