「限定または接続なし」と表示される

■「限定」?「接続なし」?

LANケーブルは、通常主に、ADSLや光ファイバーのインターネット接続をするためや、 LAN内の別のパソコンとのファイル共有などの目的でパソコンに挿します。正常な状態ならば、何も表示されないか、あるいは画面の右下に「ネットワークに接続しました」と出て、インターネットやネットワーク上の他のパソコンとの接続が可能になりますが、たまに遭遇するトラブルがこの「限定」または「接続なし」という症状。
大雑把に言うと、これは「物理的にケーブルはつながっていて、ネットワークドライバなども問題なく稼動してはいるけれども、接続設定がおかしいために正常に接続できていない」という状態です。ほとんどの場合「ハードウェア」的なトラブルではないだろうと思いますので、「機器の故障」とは思わずに「設定の問題だ」と考えるとよいでしょう。

■ほとんどの場合IPアドレスの設定に原因がある

パソコンをLANケーブルで接続する場合、「IPアドレス」という「識別番号」のようなものが、各パソコンに割り当てられます。LANケーブルを通じてのインターネット接続や他のパソコンとのファイル共有・データのやり取りは、基本的にすべてこの「識別番号(IPアドレス)」を基準にしています。
IPアドレスがどういうものか?というのは難しい話なのでここでは説明を省きますが、問題は「IPアドレス(識別番号)」を誰がどうやって決めているのか?という点です。
一般のご家庭や、小規模なLANの事業所などでは、ほとんどの場合、インターネットへ接続するためのモデムという装置がこの番号を決めています。インターネットの接続設定作業を行う過程で、この「IPアドレス」というものを意識せずに設定ができてしまった、という場合はほとんど「自動取得(DHCPを有効にする)」という設定になっています。これは「早く電源が立ち上がった順に、1から順に番号を振る」という仕組み。ご家庭にパソコンが1台しかなければ、そのパソコンは常に「1」番ですが、2台以上あると、それぞれのパソコンがいつも同じ番号ではなく、その時々に、「先に電源が入った順」で1番・2番と番号が割り当てられていきます。
ところが・・・

このように「番号を自動取得する」という設定になっている環境下で、パソコン自体に「IPアドレスは常に○○番にする」という設定になってしまうと、上記のような「限定または接続なし」ということになります。たとえば先ほどの例のように、つながっているパソコンは1台しかないのに、そのパソコンが「2番」と固定で設定されていると、番号を振り分ける役の「モデム」のほうは「1番」と言っているのに、つながっているパソコンは「2番」と言い張ることになり・・・これがトラブルの原因となるのです。

ネットワーク接続の場合、一般的に、IPアドレスを振り分ける(付与する)側・・・一般的にはADSLモデムや光ファイバの終端装置など・・・の振り分け設定と、IPアドレスを与えられるパソコン側の受け取る設定が一致していなければなりません。この設定が異なっている場合に、「線はつながっていて、信号も流れているけれども、設定がおかしいために正常にデータのやり取りができない」ということになり、それが「限定または接続なし」というエラー表示になるのです。

■具体的な対処方法

少し専門的な内容なので、むずかしいなあ、と思う方は下手に自分でいじくり倒して余計にわからなくなる前に、専門家か詳しい方に教えてもらうか頼んでください。 パソコン自体のネットワーク接続設定を確認してください。IPアドレスの設定が「固定」になっているか、それとも「DHCP有効(自動取得)」になっているか?を確認。インターネット接続でのトラブルでなくて、ファイル共有などのでのトラブルの場合「ワークグループ名」「ドメイン名」なども確認しておくこと

モデム・ルータの設定を確認

小規模のLANなら、ほとんどの場合ADSLモデムや、無線LANの親機、光ファイバーの終端装置かあるいはそれに隣接しているインターネットモデム装置が、「IPアドレスを振り分ける」機能を担っています。これらの機器の設定を確認してください。ほとんどの場合、ブラウザからアドレス欄に「192.168.0.1」あるいは「192.168.1.1」と打ち込めば設定画面が開きます(ユーザー名・パスワードが必要なことがほとんどです)。パソコン側の設定と同じく、IPアドレスの振り分け設定を確認してください。

上記の確認をした上で、設定を統一してあげる必要があります。インターネット接続だけのことなら、「モデム」側を「DHCP有効」にしてあげて、パソコン側を「IPアドレスを自動で取得する」にすれば解決します。ただ、少し込み入ったネットワークだったりすると、こう簡単にはいきませんので要注意。

事業所内のネットワークで、サーバーを入れている場合にはむやみに設定をいじらないこと!

たとえば、「税理士事務所で、会計システムを導入していて、サーバーがある」などの環境下の場合、IPアドレスを決定しているのはADSLなどのモデムではない可能性が高いです(サーバーで設定していることが多い)。この状況でパソコン側の設定を変えたりするのはあまり得策ではありません。ましてや、「サーバー」側の設定をいじったりするのは、他のパソコンの状況までおかしくしてしまう可能性があります。サーバー管理ができる自信のない場合は、必ず専門の業者に頼んで設定してもらいましょう。特に会計システムなどは、そのシステムを開発・販売している会社のスタッフでなければ設定できない、ということがほとんどです。


このトラブルに関連したQ&A

  • 現在質問はありません。